代表挨拶

私たちは、有志の第一線のOTが集まり、「OT組織マネジメント・ネットワーク」(Organization Management Network for Occupational Therapists)という任意団体を立ち上げました。
近年、まだOTとしての経験も少ない中で、若くして中間管理職となった方が、マネジメントに苦労されているという声が聞こえてくる機会が増えています。しかし、作業療法士を対象とした組織マネジメントを学ぶ機会はほとんどなく、すでにマネジメントをしている経験者として、何かを伝え、発信すべき時ではないかとの思いから、この組織(以下,当会)を立ち上げました。
当会では,「作業療法士のための組織マネジメントセミナー」の開催を中心として,作業療法士が組織マネジメントを行っていくためのサポートを行っていきます。
このマネジメントセミナーは、私にとって「作業療法とは?」という根源的な意味を再考する機会でもあります。一貫して、私が作業療法士として大切にしてきたものは、人が主体的になること、そのための環境を整えることであり、このマネジメントを行うことが作業療法であると考えています。
このマネジメントセミナーは基礎コースとして、既に2018年2月と7月に東京・大阪で開催し延べで170名近い参加者があり、その関心の高さに驚きを感じています。このセミナーの特徴は、話を聞いて終わりではなく、応用・実践コースで具体的な個々の課題の抽出、解決策を立案し、自らの事業所での実践までを行うところにあります。
これらのプロセスを通じて、参加者同士のネットワークを構築し、マネジメントに課題を感じている方々が、身近で意見交換や勉強会が開催できるような環境を根づかせていくことを目的として掲げ、次の時代に繋ぐ仕組みの構築をまでを目指しています。
皆さんと一緒に考え、行動する、それが「OT組織マネジメントネットワーク」です。
ぜひ、私たちと行動を共にしてみませんか!

2018年8月

OT組織マネジメント・ネットワーク
代表 土井 勝幸